ldap clientの一括設定処理


動作完全未保障なんですが・・・・ldap clientの自動設定 shell を作ってみました、このシェルは、かなーり昔に投稿した、「OpenLDAPでアカウントを一元管理!~サーバの構築~クライアントの設定手順」をベースに(きっと)作成されております。当方の環境では無事に動きました、

続きを読む “ldap clientの一括設定処理”

CENTOS起動中に、Starting system message busの部分で止まる件


ひさしぶりに、OSを再起動しようとしたら、あら大変! OS起動中のコンソールがStarting system message busと部分で永遠に先に進まない現象が発生!
OS周りはまったくだめな私で、最悪入れなおそうかと思いましたが、LDAPサーバなもんで正直設定がめんどくさい!
色々調べているうちに、そのStarting system message busのメッセージがとまってしまう現象は、REDHAT系のOSでLDAP認証を利用しているところが原因というところまで突き止めました。LDAPが原因かよ!
続きを読む “CENTOS起動中に、Starting system message busの部分で止まる件”

OpenLDAPでログインユーザーの/homeディレクトリを自動生成する


OpenLdapでユーザーを一元管理できるところまではいったが、そのユーザがおのおののLDAPクライアントに接続する際に、/home ディレクトリがないとエラーがでたりします。さしたる不都合はないのですが、そのメッセージが気になるので初めてユーザーがログインしてきた時に、自動的に該当ユーザーの/homeディレクトリを作成してくれるような設定を入れる説明をしたいと思います。

続きを読む “OpenLDAPでログインユーザーの/homeディレクトリを自動生成する”

OpenLDAPでアカウントを一元管理!~サーバの構築~クライアントの設定手順


VMであろうが、物理マシンであろうが、台数が増えてくると、アカウントの管理が面倒になってくるもので、よくもまあ、いままで個別ホストでアカウントを管理していたなと自分で自分をほめたい気分です。というわけで、今回、Ldapサーバを構築してみました。

とはいっても、細かな設定方法は記載しておりません。まずは簡単に構築できることを目標にしております。細かな設定はばっさり切っておりますので深く知りたい方、別のサイト様を参照したほうがよろしいかと思います。^^; ここでは、「まず、動かす」、「アカウントを一元管理する」のみに絞った設定を記載しております。(実際これだけでもかなり一元管理の恩恵を受けれます)

続きを読む “OpenLDAPでアカウントを一元管理!~サーバの構築~クライアントの設定手順”