統合監視ツール:zabbix ~② zabbix agentのインストール


zabbix立てても、監視される側の設定をしなければ意味がないわけで、今回は、agentのインストール方法について書きます。
続きを読む “統合監視ツール:zabbix ~② zabbix agentのインストール”

統合監視ツール:zabbix ~①server インストール


このサイトも気づいたときには、サーバが20台くらいある状態で、もはや一台二台サーバダウンしていたとしても、数週間、いや数ヶ月知らなかったなんてこともあり、そう、管理はぐだぐだなんです。せめてサーバが落ちたときくらい、メールかなんか飛ばして確認しようよなんてことを思いつつ、今回は、zabbixを導入することにしました。このあたりの知識はそうとう疎い人間で、インストールですら四苦八苦したぐらいなので、実際、設定なんて話になったらもっと面倒なんだろうなと思っていますが。せめてインストールだけでも、簡単にしたかったので、今回は、最新版である、1.8.4を yumでインストールし、起動起動するところまで書きますです。なお、当環境にはすでにMySQLはインストールされている状態なので、その部分については割愛します。

以下インストール手順です。

* リポジトリのダウンロード

mkdir /usr/local/src/zabbix
cd /usr/local/src/zabbix/
wget http://www.zabbix.jp/binaries/relatedpkgs/rhel5/x86_64/zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm
rpm -ivh zabbix-jp-release-5-3.noarch.rpm

* zabbinのバージョンを切り替える(1.8を選択)

alternatives --config zabbix-jp-release

4 プログラムがあり 'zabbix-jp-release' を提供します。

選択       コマンド
-----------------------------------------------
1           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo
2           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo
*+ 3           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo
4           /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo

Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:4

* 1.8系に変更されたか確認する

alternatives --display zabbix-jp-release
zabbix-jp-release - ステータスは手動です。
リンクは現在 /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo を指しています。
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.1.repo - 優先項目 10
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.4.repo - 優先項目 20
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo - 優先項目 40
/usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.8.repo - 優先項目 30
現在の「最適」バージョンは /usr/share/zabbix-jp-release/zabbix-jp-1.6.repo です。

* zabbix のインストールを行います

yum install -y zabbix.x86_64 zabbix-agent.x86_64 zabbix-server.x86_64 zabbix-server-mysql.x86_64 zabbix-web.x86_64 zabbix-web-mysql.x86_64

今回データベースには、MySQL 5.1を利用しております。

* 初期データベースの登録

mysql -u root
create database zabbix default character set utf8;
grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
flush privileges;
quit;

* 各種 zabbix用のddlを投入する

mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/schema/mysql.sql
mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/data.sql
mysql -uroot zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-1.8.4/data/images_mysql.sql

* apacheのインストールをする

yum -y install httpd
/etc/init.d/httpd start
/sbin/chkconfig httpd on

* web画面からの、zabbixインストール

mv /etc/zabbix/zabbix.conf.php /etc/zabbix/zabbix.conf.php.save
chmod 777 /etc/zabbix

* zabbix サーバ/エージェントの起動

/etc/init.d/zabbix-server start
/sbin/chkconfig zabbix-server on
/sbin/chkconfig/zabbix-agent on
/sbin/chkconfig zabbix-agent on

* zabbixのwebセットアップ
http://インストールzabbix/ にアクセスすると以下のような画面が表示されます

ライセンス規約をよく読んで、Agree

必要なモジュール一覧とか推薦するバージョンとかがでます。

zabbixで利用する、データベースの接続定義情報を入力します

zabbixサーバで利用するサーバポートを指定します特に理由がない限りそのままでも良いでしょう

最終確認画面です。間違いないか確認してください

途中割愛いたしますが、インストールに成功しますと、ログイン画面が表示されます。デフォルトのパスワードは、”zabbix”です。

以上でインストールはおしまです。次回設定方法を書こうかと思っておりますが、他のサイト様で書かれている手順書を熟読したほうがいいかもしれません。