NFSでのディスクフォーマットって何を使っている??


一般的な家庭でファイルサーバを構築し、利用する上ではなんも問題ないですが、たとえば企業で、NASを購入するのはまだ早いとかの理由で、LinuxでNFSサーバを作ってみました的なノリで運用した場合、今一度フォーマットに何を選択したのか?ご確認をしたほうが良いかもしれません。

nfsクライアントの仕様としては、ファイルの更新をタイムスタンプで管理しており、該当ファイルのタイムスタンプ(ctime)を元にNFSサーバ側と照合し、ファイルのサイズ、ファイル名、ファイルのタイムスタンプ等を元に秒単位での差異があれば、NFSサーバからファイルを再取得しますが、変更がない場合は、NFSクライアントのキャッシュからファイルを返します。
続きを読む “NFSでのディスクフォーマットって何を使っている??”

USBハードディスクを強制的にフォーマットする方法


ことの起こりは、今現在、当サイトのバックアップ用にバッファローのリンクステーション使っているのですけど、このリンクステーションには、USB端子がついていて、あぁこれなら、外付けのUSBハードディスクも追加できるんじゃないの?なんて理由で安易に追加したのは良いのですが、フォーマットの途中で電源を落としてしまい、リンクステーション上からは認識しなくなってしまったので、じゃあ、Windows側で再度フォーマットしなおすか。。なんて思ったたらこんなエラーがでたところから悪戦苦闘です。あらら~。。。

もはや、リンクステーションからもWindowsからもなにもできない状態に陥ってしまいました。おそらくディスク単体では、特に問題がないと思われることと、元からデータは入っていなかったので、ローレベルフォーマットすれば、解決するんじゃないの?と思ったのですが、USBハードディスクをローレベルフォーマットできるアプリなんかない。。。探しに探した結果とあるメーカさんから出ているソフトで無事再認識するようになったという感動的な話です。

続きを読む “USBハードディスクを強制的にフォーマットする方法”

大変!!Linkstation LS-CHLシリーズで、SSH接続できなくなっちゃった


ががーん、ファームウェアを1.2.1にアップデートしたら、telnetもsshもできなくなっちゃった。。
そもそもファームウェアのイメージファイルに、telnetdもsshdもなくなった感じみたいで、acp_commander使っても
ウンともスンともいわない。。こりゃこまったというわけで、ファームウェアをダウングレードしたいのですが、昔のファームが
どこにあるかわからない。。

といった感じで、ls-chlの旧ファームがどこにあるのか勘で調べたところ。。あった。これか。

http://driver.buffalo.jp/buf-drv/hd/lschl-110.exe <– 現在リンクが切れておりました。

2011/6/26 現在
もしかしたら?・・・なんですが。
http://download.discountnetz.com/firmware/lschl-110.rar

が対象の「それ」のような気もしますが、ちょっとわからないです。(まったくもって未保障)

というわけでダウンロードし、早速解凍し、LSUpdater.iniをいじる(赤字の部分)。

[Application]
Title = BUFFALO LS-CHL Updater Ver.1.10
WaitReboot = 480
WaitFormat = 500

[Target]
ProductID = 0x00000012
Name = LS-CHL

[Flags]
VersionCheck = 0

[SpecialFlags]
Debug=1

 

編集後、LSUpdater.exeをダブルクリックすると以下のようが画面が表示されるので、画面左上のアイコンをクリックすると・・。
・サブウィンドウが表示されますので、デバックモードを選択。
・ウィンドウが表示されますので、強制アップデートを選択し、OKボタンをクリックします。
・引き続き、ファームウェア更新ボタンをクリック
> いける!と思いきや、だんまりで、何も進みません。

ここからが荒業です、こんなことしたら、ファームが壊れるのではないかと心配しつつ試してみました。

1.hddrootfs.img と initrd.img を lsxhl-120.exe を解凍したフォルダに上書き

2.LSUpdater.ini をエディタで開いて [Flags]セクションの
VersionCheck=1 をVersionCheck=0 に書き換える

[Application]
Title = BUFFALO LS-CHL Updater Ver.1.21
WaitReboot = 480
WaitFormat = 500
WaitFileSend = 300

[Target]
ProductID = 0x00000012
Name = LS-CHL

[Flags]
VersionCheck = 0
NoFormatting=1

[SpecialFlags]
Debug=1

4.LSUpdater.exeを実行し、上記同様強制アップデートにチェックをして、ファームウェア更新ボタンをクリック

結果的に私の環境では、ファームをダウングレード後何か、エラーがでますが、うまくダウングレードできtelnetも回復しました。。よかったよかった。

※当情報は、たまたまここでうまくいっただけなので、上記操作で、ハードの不具合が発生したとしても、こちらは何も責任はとりませんので
※ 自己責任でやってくださいね。