WordPressプラグインの自動アップデートが出来ない場合の解決方法


wordpressを自宅サーバにセットアップして、さあ、プラグインをインストールしようと思った時に、「要求された操作を実行するためには、接続情報が必要です」とか「FTP サーバー ***** への接続に失敗しました」とかとにかくftpの接続情報を要求されたことはありませんか?ftpなんで立てていないし、どうしたもんか?と思っていろいろgoogleで検索してみても、自分の条件に一致するキーワードが見つからないなんて状態でしたが、解決方法がわかりましたので、メモ程度に掲載したいと思います。

以下、確認と対応手順

  1. httpd.confの設定を確認
    vi /etc/http/conf/httpd.conf
    # If you wish httpd to run as a different user or group, you must run
    # httpd as root initially and it will switch.
    #
    # User/Group: The name (or #number) of the user/group to run httpd as.
    #  . On SCO (ODT 3) use “User nouser” and “Group nogroup”.
    #  . On HPUX you may not be able to use shared memory as nobody, and the
    #    suggested workaround is to create a user www and use that user.
    #  NOTE that some kernels refuse to setgid(Group) or semctl(IPC_SET)
    #  when the value of (unsigned)Group is above 60000;
    #  don’t use Group #-1 on these systems!
    #
    User apache
    Group apache
  2. ディレクトリの所有者を変更
    本来は細かくやらなければいけないとは思いますが。。。。
    # chown -Rf apache:apache wordpress/

以上で再度確認していただくと、認証を聞かれずスムーズにプラグインをwebからインストールしてくれると思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です